2018年2月13日火曜日

Small articles : No.033

提げ 『葛籠入道』
素材:鹿角、黒檀



唐突に

ホント唐突に

折り畳み入道を彫りたくなったのですよ

早速キーワード「折り畳み入道」でネットを徘徊してみると
折り畳み入道は水木しげる御大の創作された妖怪であると

つまり©水木プロダクションになってしまうと思われ
製作しても販売は出来んでしょうと

でもどうしても入道が彫りたいの!

じゃアレは?

古根付では舌切り雀の意匠として彫られていたりする
葛籠からわらわらと妖怪が出てくるアレ

イメージとしては 
江戸時代(安政5年)に一寿斎芳員が描いた「百種怪談妖物双六」で
マス目の一つになっているこの方
古葛籠の飛頭獠
画像は国立国会図書館デジタルコレクション様より引用させて頂きました
問題あれば削除致しますです

折り畳み入道とは「箱から出てくるヤツつながり」だしね!

という訳で入道彫りますよレッツニュードー!!!





六面図





嗚呼・・・入道はいいね

久々にオッサン面彫りたい衝動に導かれるまま彫ったオッサン





あとは葛籠から湧いてくる名も無き怪しい輩達の御紹介もせねば

やわらか羅漢
骨格を持たないプニプニ羅漢
どんなに狭いスペースでも詰め込めるゾ

鴉爺
一つ目で嘴の爺・・・以上

骨助
賑やかし要員な人骨お調子者

と言う感じで
箱詰め妖怪に於ける名も無きその他大勢の方々は
「名も無き」ってとこがポインツだと思っていて
特定の名の有る妖怪では無い有象無象な化物にしたいところ

でも一応名前は付けてあげたよ♪

設定はぞんざいですけど(笑)





葛籠入道はろくろ首人「飛頭獠」です





サイズ的にはこんな感じで小さい
提げだから





提げの紐通すとこんなです





至水からの妖怪詰め合わせギフトだよ♪
提げ「葛籠入道」完成です

提げとか緒締とか小物も大好きなのですけど
最近は目いっぱいの根付彫りが続いていて

最期に緒締を彫ったのが昨年の二月豆撒き絡みの「プリプリおたふく」で
提げに至っては2016年に水木しげる御大追悼で彫ったキジムナーが最後

今年はこのくらいのボリュームの小物も
積極的に彫っていきたいと思っております

あと「葛籠入道」彫ってて
コレ根付で彫りたいなと思ってしまったので
「古葛籠の飛頭獠」は 近い内に根付化しましょう

約束だよ!



2018年2月7日水曜日

Happy new year 2018 !!!!!




皆様
あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します!!!

え?

もう2月?

節分終わってる?

いやぁ・・・・・(汗)

至水新年早々体調崩しまして

良くなったかと思えばしんどくなってを繰り返しもう2月
各方面に
「至水死んだの?」
と御心配お掛けしまくったとかしないとか

体調悪い
思う様に製作捗らない
焦燥感で精神的に落ち込む
更に体調悪い
更に思う様に製作捗らない
以下ループ

フィジカルしんどいと引き摺られる様にメンタルもやっちゃうものですかね
完全に負のスパイラルです

とか何とか言ったってそんなの自分でなんとかしなきゃならんのです

しかもこんな気持ちから脱するのはすっごい簡単な事なのです

知ってます

「作品を完成させる事」

これでスッキリ全て解決するのです



そんな訳で完成品無いまま2月に突入してしまいましたが

しんどいながらも1月中に彫り進めていたアレとアレ
小さい方は完成しGalleryへ納品完了致しました

近々にGalleryの至水販売ページにUPされると思いますのでお楽しみに
(特に妖怪LOVEな方要チェックですわよ)

と言う訳で遅ればせながらの新年の御挨拶とともに
至水の2018年本格始動でございます

今年も宜しくお願い致します!!!!!


2017年12月27日水曜日

根付 其ノ百拾

『 戌男 』
素材:鹿角、黒檀



いやいや
もうあと四日で今年も終わり

これが今年最後の根付作品投稿になりますです



根付に限らずフィギュアでも人物画でも
顔の表情を造形している最中って
その造形物と同じ表情になっていませんか?

眉間にシワ寄せた憤怒の羅漢像なんて彫ったら
無意識に自分の顔も「ふんぬぬぬ」って羅漢面になってるとか
顔造形あるあるだと思っていたのですがどうでしょう

で、今回の戌男ですが

これ


至水自身なのです

所謂自画像根付ってやつですか

犬の根付彫ってたら無意識の内に「バウバウバウ」っと犬面に
更に深く深く犬彫りに没入して行くと
尻尾が生えるわ
肉球モリるわ
ワッサー毛深になるわ
終いには着ていたパーカーのフードにまで犬耳が発生しだすわで・・・

これってアルタード・ステーツかよ!

そんな根付です・・・

彫りますね!





鹿角です
既に犬化始まってます





六面図

紐穴が左腕の付け根後方な件
至水は根付装着時の厚みって結構重要だと思っていて
「顔を正面から見せたいから背中に紐穴を」
とかやっちゃうと
装着時に根付が身体から40mm位突出して邪魔過ぎ
この紐穴の位置だと厚さ20mm位になります





犬の根付を彫っていたら・・・

犬面に・・・





たるたるに弛む頬肉ぷるぷる





サイズはこんな感じ程良い・・と思う・ます





紐穴は紐の結び玉がギュギュっと収まる仕様です





色々とおまけ画像

今回のここ見てポインツ
「リューターのカールコード」
地味ながらもイイ感じにカールコード感出てて好き♪
コードが曲がるとこの隙間とヨレが効いているのだと思います





2018年は年男、戌男至水でございます
根付「戌男」完成です

という訳で来年は人生四度めの年男だもんで

「戌年に犬彫って戌男になる年男至水の自画犬根付」

こんな感じで2017年の彫り納めとなりました

まぁコレ彫った後、今現在も年末ずーっと次のヤツを彫っているのですが
そちらの公開は年明けですね

年末の御挨拶はまた改めてという事で

それでは一旦締めさせて頂きまーす